産婦人科

 当院では「婦人科良性および悪性腫瘍の診断・治療」および「最新の4Dエコー診断装置を用いた比較的高度な超音波診断、産科・分娩診療」の2つを中心とした診療を行っています。「婦人科良性および悪性腫瘍の診断・治療」については経験豊富な婦人科腫瘍専門医および内視鏡技術認定医が中心となって治療を行います。標準的治療法が定まっていない稀少な疾患についての診断・治療についても当科で治療を行うことが可能ですが、当科以外で治療をご希望される方は大学病院・がんセンター等をご紹介させていただくこともございます。不正出血、月経不順、更年期症状など一般的な良性婦人科疾患に対する診療も行っています。現在の当科での診療の主な特徴は下記の通りです。

1.良性疾患 (子宮筋腫・腺筋症や卵巣・卵管腫瘍、子宮内膜症、骨盤性器脱、子宮頸部異形成上皮や子宮内膜増殖症など非浸潤癌) に対する腹腔鏡およびロボット支援手術および開腹術・腟式手術

2.悪性疾患(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど)に対する治療ガイドラインに基づく保険適用のある手術治療(早期がんに対する腹腔鏡およびロボット支援手術、早期・進行がんに対する傍大動脈領域のリンパ節摘出等を含めたステージング手術、拡大根治手術)、種々の保険適用となっている抗がん剤、分子標的薬の投与、婦人科悪性疾患に対する放射線治療としてリニアックやRALS治療等)

3.地域周産期母子医療センターとして、ハイリスク妊娠・ハイリスク分娩への対応、地域・行政との協力による社会的ハイリスク妊婦・特定妊婦への対応

4.臨床遺伝専門医による腫瘍・周産期領域の遺伝カウンセリング、出生前診断、遺伝学的検査、遺伝子検査の結果に基づくがん発症に対する予防的付属器切除

5.救命救急センターと協力による二次・三次産科救急医療体制、母胎・新生児の蘇生や救命講習開催による地域貢献

実績

実積症例数2021年度2022年度2023年度
 全手術件数170 176184
良性腫瘍110127126
悪性腫瘍604958
腹腔鏡・ロボット支援手術(悪性含む)8310794

業績

論文

  1. Tsuyoshi Yamashita、Takahiro Itoh、Takuya Asano、Asuka Suina、Mitsutaka Nishimor、Satoru Munakata、Hideki Satoh. Clinical outcomes of sentinel node navigation surgery in patients with preoperatively estimated stage IA endometrial cancer and evaluation of validity for continuing sentinel node navigation surgery based on dispersion of recurrence probability. International Journal of Clinical Oncology (2024) 29:222–231
  2. 山下剛、伊藤崇博、秋元太志、下山則彦、棟方哲、佐藤仁樹. センチネルリンパ節生検併用腹腔鏡下早期子宮体がん手術におけるセンチネルリンパ節陽性および再発例の経過と郭清省略を想定した導入時の問題点. 日本産科婦人科内視鏡学会誌、第37巻1号、p76-83、2021
  3. 山下剛、伊藤崇博、秋元太志、下山紀彦、佐藤仁樹. 腹腔鏡下で行う早期子宮頸癌に対するセンチネルリンパ節生検の適切性と妥当性の検討.日本産科婦人科内視鏡学会誌、第36巻1号、p48-54、2020

学会発表

  1. 推名浅香、伊藤崇博、浅野拓也、山下 剛. 子宮頚癌ⅠA1期の診断で骨盤内再発をきたした一例、 第62回日本産科婦人科内視鏡学会, 横浜, 2022.9.8
  2. 推名浅香、伊藤崇博、浅野拓也、山下 剛. 画像診断に至らなかったが、腹腔鏡下両側付属器摘出術で回復を認めた抗NMDA受容体脳炎の一例、第62回日本産科婦人科内視鏡学会、横浜、2022.9.8
  3. 伊藤崇博、西森 貢隆、推名浅香、浅野拓也、山下 剛. 当院における腹腔鏡下仙骨腟固定術の手術成績、第62回日本産科婦人科内視鏡学会、横浜、2022.9.8
  4. 伊藤崇博、西森 貢隆、推名浅香、浅野拓也、山下 剛、秋元大志. 妊孕性温存手術として腫瘍摘出術を行った卵巣未熟奇形腫の2症例、第64回日本婦人科腫瘍学会学術講演会、久留米、2022.7.14
  5. 西森 貢隆、推名浅香、伊藤崇博、浅野拓也、山下. 妊娠26週にMCA-PSV高値を認め妊娠32週に頭蓋内出血を発症した胎児脳腫瘍の1例. 第69回北日本産婦人科学会総会・学術講演会、盛岡、2022.10.15
  6. 西森 貢隆、推名浅香、伊藤崇博、浅野拓也、山下. 産婦人科専攻医がTAHを安全に施行するための当科での取り組み. 第99回北海道産科婦人科学会総会・学術講演会、盛岡、2022.10.30
  7. 伊藤崇博、萬一馬、浅野拓也、山下 剛、腹腔鏡下子宮全摘術後に顕在化した右肩腱板損傷の一例、第61回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会WEB、20219.11
  8. 伊藤崇博、浅野拓也、山下 剛、秋元大志、腹腔鏡下手術後に播種性再発を来した子宮頸癌の一例 、第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会、大阪、2021.7.16
  9. 浅野 拓也、秋元 太志、伊藤 崇博、山下 剛. 胎児水腎症を合併した胎児腹腔内臍帯静脈瘤(FIUV varix)の一例、第67回 北日本産科婦人科学会総会・学術講演会、福井、2019.9.28
  10. 伊藤崇博、秋元大志、浅野拓也、山下 剛、当科での腹腔鏡下子宮全摘術時における砕石位と開脚位の比較、第59回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会、京都、2019.9.12
  11. 伊藤崇博、浅野拓也、山下 剛、腹腔鏡下広汎子宮全摘術における腫瘍の腹腔内散布を防ぐための工夫、第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会、新潟、2019.7.4

学術講演

  1. 山下剛、伊藤崇博、推名浅香、浅野拓也. 開腹術あるいはロボット支援手術と比較した場合の腹腔鏡下早期子宮体癌手術の信頼性および妥当性の検討、シンポジウム「腹腔鏡下vsロボット」、第62回日本産科婦人科内視鏡学会、横浜、2022.9.8
  2. 山下剛、伊藤崇博、推名浅香、浅野拓也. ある婦人科医から見た早期子宮体癌での子宮摘出法について、特別企画「子宮体癌の子宮摘出方法に関する議論」、日本産科婦人科内視鏡学会、横浜、2022.9.8
  3. 山下剛、悪性鏡視下手術総論、2021年度腹腔鏡下子宮悪性腫瘍セミナー、日本産科婦人科内視鏡学会WEB、2021.6.13
  4. 山下剛、付属器境界悪性腫瘍および付属器悪性腫瘍における低侵襲手術導入の可否、ワークショップ「卵巣癌における低侵襲手術」、第60回日本産科婦人科内視鏡学会WEB、2020.11.27

診療予定

受付時間午前8時30分~11時30分※
午後

※毎週月曜日の午後・予約専門外来

外来診察表

令和6年4月1日より

午前浅野予約外来浅野予約外来伊藤
山下山下担当医
伊藤担当医
午後手術日担当医手術日担当医
山下

※ 予約専門外来:毎週月曜日の午後
※ 予約専門外来は癌治療方針や手術の説明など時間のかかる患者さんに対し十分時間をとって行うものです。
※ 予約専門外来では通常の未予約の方の診療は行えません。ご了承ください。

スタッフ紹介

副院長

山下 剛(やました つよし)Tsuyoshi Yamashita

主な経歴

昭和62年 旭川医科大学医学部卒業
平成7年 医学博士、旭川医大産婦人科助手、米国国立衛生研究所(NIH)
平成13年 旭川医大産婦人科講師
平成16年 旭川医大産婦人科准教授
平成31年 札幌医科大学臨床教授
令和元年 北海道大学臨床指導教授

専門分野

婦人科腫瘍(良性、悪性、内視鏡手術)

指導医・認定医・専門医

日本産科婦人科学会認定 指導医、産婦人科専門医
日本臨床細胞学会認定 細胞診専門医
日本婦人科腫瘍学会認定 腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医
日本産科婦人科内視鏡学会認定 理事、腹腔鏡・子宮鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会認定 産科婦人科領域技術認定医
日本婦人科腫瘍学会認定 代議員
母体保護法指定医

科長・主任医長

浅野 拓也(あさの たくや)Takuya Asano

主な経歴

平成19年 札幌医科大学医学部卒業
平成27年 札幌医科大学大学院医学研究科博士課程修了 医学博士

専門分野

周産期医療・臨床遺伝学

指導医・認定医・専門医

日本産科婦人科学会認定 指導医、産科婦人科専門医
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医
日本周産期新生児医学会新生児蘇生法(NCPR)認定 専門コースインストラクター
日本周産期・新生児医学会認定 母体・胎児暫定指導医
日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会認定 臨床遺伝専門医
母体保護法指定医

主任医長

伊藤 崇博(いとう たかひろ)Takahiro Ito

主な経歴

平成19年 福井大学医学部卒業

専門分野

一般産婦人科

指導医・認定医・専門医

日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
日本産科婦人科内視鏡学会認定 腹腔鏡技術認定医

医員

南 怜毅(みなみ れき)Reki Minami

主な経歴

令和3年 札幌医科大学医学部

専門分野

産婦人科