入院設備・過ごし方

入院中の食事について

 デイルームにて提供することも可能です。一般食の中に選択メニューがあります。

 入院中の食事は治療上で必要とされる栄養素を確保しながら、化学調味料を極力使用しないなど、素材本来の味を引き出すような調理方法や味付けに心がけて提供しております。

 一般食は、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」に基づいた塩分設定となっております。また、塩分コントロール食やエネルギーコントロール食などの特別治療食は、各種ガイドラインに基づいた提供を行っております。

 普段のご自宅での味付けやレストランなどの外食に比べると薄く感じられることがあると思いますが、治療食としての意味合いを優先しております。

 なお、食事は治療の一環です。食べ物の持ち込みはご遠慮ください。

※取り残しの食事は食中毒の原因となるので禁止です。

入院時食事療養費の標準負担額(1食につき)
区分標準負担額(1食あたり)
一般(下記以外の方)490円※1
 住民税非課税世帯 (70歳未満の方)、低所得者II(下記I以外の70歳以上の方)90日までの入院  230円
過去1年間で90日を超える入院  180円
低所得者I (下記※2に該当する70歳以上の方)110円

※1 指定難病の方および小児慢性特定疾患の方は、260円。

※2 低所得者Iとは、世帯主および国保被保険者全員が住民税非課税で、それぞれの所得が必要経費等を差し引いたときに0円になる世帯の方(年金の場合は収入金額が80万円以下)。

部屋の設備について

 テレビ(BS視聴可能)、冷蔵庫、コンセントは有料です。
 ご使用の際は床頭台備え付けのICカセットをデイルームに設置してある販売機でチャージ(入金)してご使用ください(チャージは千円札のみ利用可能)。残額については1階のICカセット精算機で精算できます。
 テレビ・ラジオなど使用の場合はイヤホンをご用意のうえご使用ください。

※壁付きのコンセントは医療用です。絶対に使用しないでください。

洗濯について

各階(3~6階)に設置してある洗濯機をご使用ください。なお、現金でのご使用はできませんので、ICカセットでのお支払いとなります。

  • 利用時間:6時00分~20時00分
  • 洗濯:1回 100円 ※洗剤はご持参ください
  • 乾燥:1回/60分 50円
洗濯室(洗濯機、乾燥機、水道)

入浴について

時間帯は、浴室入口の掲示をご覧ください。

浴室

消灯について

 消灯時間は、21時00分です。

携帯電話について

  1. 院内では、電源を切るかマナーモードに設定してください。
  2. ご使用は充電操作などを、ご自分で行える方に限らせていただきます。なお、充電の際は床頭台のコンセントをご使用ください。
  3. 使用禁止場所は、以下のとおりです。
    ・診察室内 ・検査室内 ・ECU ・ICU ・人工透析室 ・病棟処置室 ・分娩室 ・重症者近傍
  4. 使用可能場所(特に病室)においても、極力使用は控えてください。1階・2階では無料Wi-Fiが使用可能です。使用する場合は、マナーを守りご使用ください。

 ※病棟では無料Wi-Fiをご利用できません。ただし、モバイルWi-Fiルーターの持ち込みは可能です。

医療安全について

 当院では患者さんに安心して入院生活を送っていただくために、全職員が医療安全を推進しており、下記の対策を行っておりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

患者さんを取り違えないために

 患者さんの誤認を防止するために、氏名・ID番号が記載された患者さん個人を認識するリストバンドを装着して頂きます。検査や注射・点滴、輸血などを行う際、リストバンドでご本人であるかの確認させて頂くほか、お名前(フルネーム)と生年月日の確認も行っています。場合によっては何度もお尋ねすることがありますが、誤認防止のためでありますのでご理解ください。

暴言・暴力・迷惑行為

 院内での暴言・暴力・セクハラ・許可なき撮影などの迷惑行為が行われた場合、患者さん・ご家族、職員の安全確保のため退院退去・警察に通報など迅速に対応いたします。

安全な入院生活を過ごすために

 当院では、患者さんが安全・安心して入院生活を過ごすために、果物ナイフ・ハサミ等の刃物・鋭利物のほか、火気(ライター等)、アルコール飲料(ノンアルコールビール等の類似するものを含む)やタバコ(電子式・加熱式を含む)の持ち込みをお断りしております。

転倒・転落を防止するために

 入院中は足腰の筋力低下や気分がすぐれないことで、スリッパやサンダルでの歩行は転倒のおそれがあります。内履き(シューズや上履き・運動靴)を準備しお履きください。
 ベッド上での立ち上がりや、ベッド・ベッド柵から身を乗り出すことで、転落するおそれがありますので、お止めください。
 患者さんの病状によっては、転倒・転落防止用具を使用する場合も想定されます。患者さん・ご家族と相談し同意頂いたうえで使用を検討しますが、緊急を要する場合などによってはご家族へ説明する前に使用し、その後の報告となる場合もありますので、ご理解のほどお願いいたします。

入院中の注意事項

持参薬
  • 事前に薬剤師または看護師から持参の説明を受けた場合は、お薬をお持ちください。
    ※お薬手帳をお持ちの方は、必ずご持参願います。
  • 持参薬が入院中に無くなった場合には、医師の判断により当院より処方しますので、看護師へお申し出ください。
  • 原則、入院中は、他の医療機関でお薬をもらうことはできません。
貴重品
  • 貴重品の持ち込みは最小限としてください。
  • 現金などの貴重品やICカセットなどは、床頭台に設置のセーフティーボックスに入れ、施錠してください。
  • セーフティーボックスのカギは、常に身につけてください。
外出・外泊

 原則として入院中の外出・外泊は認めておりません。

謝礼

 固くお断りしております。

禁煙

 院内・敷地内全面禁煙です。火災等の防災管理上の観点からも、全面禁煙にご協力ください。

強制退院

 無断離院、他の患者さんへの迷惑行為、病院職員の指示をお守りいただけない場合には強制退院となります。

院内放送

 緊急時や業務連絡などで院内放送を流すことがあります。

災害時について

 防災について十分な対策をしておりますが、万一の場合には病院職員が誘導しますので、指示に従ってください。避難にあたっては、下記の事項にご注意ください。

  • 大切なものは身につけること。(余裕がある場合)
  • 身近にある履き物を履くこと。
  • 濡れタオルを持つこと。
  • 患者さんはお互いに助け合い、先を争うことなく落ち着いて行動すること。
  • 病室、病棟から避難した後は、再び火災現場など(危ない場所)に戻らないこと。
  • エレベーターは絶対に使用しないこと。
病室および病棟移動のお願いについて

 当院は急性期病院として、早急に入院治療を行わなければ生命に重篤な危険のある方を1人でも多く受け入れるため、病状が安定したと医師が判断した患者さんにつきましては、昼夜を問わず病室や病棟を移動していただく場合がございますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。